在宅で月21万円以上稼ぐ!愛されブログアフィリエイトの始め方

主婦の在宅ワークにおすすめなブログアフィリエイト。始め方から進め方までを分かりやすくお伝えします!

ブログとは?ホームページとの違いは?ブログは誰でも簡単に作れるって本当?

ブログとは?ホームページとの違いは?ブログは誰でも簡単に作れるって本当?

「情報を発信することで収入を得たい!」と思ったとき、情報を発信するための媒体をもつ必要があります。
たとえば、一般的に“ホームページ”と呼ばれるようなWebサイトや“ブログ”などがそうですね。
ホームページやブログという媒体は、今でこそ一般的に知られるようになりましたが、実際にそれらがどういうものでどのような違いがあるのか説明できない人も多いのでは?

そこで今回は、

  • ブログとは一体どういうものなのか?
  • ブログとホームページとの違いは何か?

そして

  • ブログは誰でも簡単に作れるのか?

についてお話ししたいと思います。

 

ブログとは?簡単に言うとどういうもの?

ブログがどんな媒体なのかを説明する前に、まずは“ブログ”という言葉の意味からお話ししていきますね。

ブログはblogと記されますが、これは「Web+log」の略になります。
Weblog→blogとなったわけですね。
ここでlogというのは記録という意味で、Web上に記録を残すことができる媒体=ブログということになります。

ブログと同じように情報発信ができる媒体として“ホームぺージ(Webサイト)”がありますが、ブログはこのホームページの簡易版のようなもの。
ホームページを作成するにはHTMLなどの専門知識や専用ソフトが必要ですが、ブログの場合はとくに難しい知識がなくても、簡単に記事を書いたりデザインの変更を行うことができるんです。

 

ブログとホームページの違いは?

ブログはホームページよりも簡単に作成できる簡易版ホームページのようなもの」とお話ししましたが、そのほかにも特徴に違いがあるので以下にまとめてみます。

 

ブログは更新型の情報発信媒体

ブログは訪問者にとって役立つ情報を発信していく更新型の媒体です。
たとえば、訪問者の疑問や悩みを解決するための情報や共感を得られるような情報、そして自分の意見を述べたオリジナリティあふれる情報など、さまざまなお役立ち情報を日々更新していく媒体になります。

もっと分かりやすく言うと、日記のようなタイプのものですね。
日記は毎日書き続けていく=更新していくものなので、ある程度書いたら終わりという性質のものではありません。
ブログの場合も日記と同じで、定期的に更新していくことで何度もブログに足を運んでくれるリピーターを獲得できるようになります。
1記事書けば集客の入り口が1つ増えるので、記事を書けば書くほどブログへの訪問者が増えていくんですね。

ですが、その一方でブログの情報は日記のように時系列になっているので、知りたい情報が探しづらいという特徴があります。
ブログは構成上、最新の記事がトップページに表示され、過去の記事は時間が経てば経つほどたくさんの記事の中に埋もれてしまいます。
そのため情報は探しにくいですが、生きた情報を手に入れることができるのがブログなんですね。

 

ホームページは固定型の情報発信媒体

一方、ホームページの場合はどうかと言うと、あらかじめ必要な情報だけがまとめられている固定型の媒体になります。
たとえば、商品やサービスの情報、運営者の情報などがそうですね。
もちろん、これらの固定情報はブログでも発信することができますが、その場合は固定ページと呼ばれるページに投稿ページとは区別して表示するのが通常です。

ホームページはブログのように時系列で更新していくタイプのものではないので、情報が順序よく整理されていて、探しやすくまとめられているのが特徴です。

 

ブログは誰でも簡単に作れる?

冒頭でもお話ししましたが、ブログは作成するのに専門的な知識が必要なホームページとは違って、誰でも簡単に作ることができます。
とくに無料で利用できる無料ブログサービスの場合、無料登録してテンプレートなどの簡単な設定を済ませれば、すぐにでも記事の投稿ができてしまうんですね。

わたしが運営しているこのブログは、WordPressと呼ばれる無料のブログ作成ツールを使って構築されています。
一般的な無料ブログサービスとは違って、構築する手順が多いので難しく考えてしまいがちですが、ホームページを作成することに比べたら圧倒的に簡単です。

ブログを始めれば誰でも簡単にWeb上で情報発信をしたり、訪問者とコミュニケーションが取れるほか、ブログに広告を貼って収益を得るアフィリエイトを行うことだってできてしまいます。
訪問者に有益な情報を発信していくことで人気ブログを作り上げることも夢ではありません。
ブログを何に使うかは運営者のアイデア次第ということになるんですね。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top