在宅で月21万円以上稼ぐ!愛されブログアフィリエイトの始め方

主婦の在宅ワークにおすすめなブログアフィリエイト。始め方から進め方までを分かりやすくお伝えします!

ブログに固定ファンがついた!?新規ユーザーとリピーターの行動を考察してみた

ブログに固定ファンがついた!?新規ユーザーとリピーターの行動を考察してみた

ブログを運営していく上で気になるのは、ブログに固定ファンがついてくれているのかどうかということ。
とくに、わたしが運営中のガーデニングブログは、内容がガーデニングに特化したブログなので、固定ファンがつきやすいはずなんですよね。

実際、わたしのブログにもリピーターが増えてきたようなので、そのあたりをGoogleアナリティクスのアクセス解析を見ながら考察してみたいと思います。

 

ガーデニングブログ運営3ヶ月目、アクセスが安定してきた

ガーデニングブログを運営して3ヶ月目。
ブログのページビュー(PV)が平均して546と安定してきました。

この間、ブログへの記事の投稿頻度は1日1記事。
書くネタがないと悩む日もありましたが、そこはガーデニングという特性を強みに、庭に咲くバラの様子をアップするなどして乗り切りました。

 

ブログのリピーターが新規ユーザーに迫る勢い!?

Googleアナリティクスのユーザーサマリーを見てみると、画面の右側にこのような円グラフが表示されます。

これがブログの新規ユーザーとリピーターの割合になります。

この円グラフによると、新規ユーザー56.2%リピーター43.8%というのが分かります。
これは、どちらが多ければ良いというような単純なものではなく、ブログがどのような目的で運営されているのかによってとらえ方が違ってきます。

たとえば、例に挙げたジャンル特化型ブログ①の場合、アドセンスと楽天アフィリエイトでの収益が主なキャッシュポイントになっているので、いかに多くのユーザーに広告やアフィリエイトリンクをクリックしてもらうかが重要になります。

これは、よく訪れるお気に入りのブログがある人なら分かると思いますが、ブログに通い慣れてしまうとどこにどんな広告が出てきてリンク先はどこへ飛ばされるのか、大体分かってくるんですよね。
これが俗に言う“リンク慣れ”というものですが、リピーターとしてよくブログに訪問するからこそ、リンクをクリックしないということもあるのではないかと。
「リピーターが多い=良い」とは簡単に言えないものなのでは?と感じることがあります。

ですが、ブログに固定ファンがつくことはやっぱりうれしいこと。
それに、リピーターが増えるとこんなうれしい結果も・・・

 

リピーターはたくさんのページをじっくり見てくれる!

先ほどの円グラフで新規ユーザーとリピーターの割合が分かったわけですが、大事なのはこの部分ではありません。
新規ユーザーとリピーターでは、ブログの見方にどんな違いがあるのか、その部分が一番気になるところですよね。
そこで、Googleアナリティクスで新規ユーザーとリピーターの行動を見てみることにしました。

以下は、ガーデニングブログの3ヶ月目の月間レポートです。

赤枠で囲まれた部分がそれぞれのユーザータイプの行動になります。
1のNew Visitorというのが新規ユーザーで、2のReturnin Visitorというのがリピーターです。

ユーザーの行動として、

  • 直帰率
  • ページ/セッション
  • 平均セッション時間

という項目がありますが、ひとつひとつ見ていきますね。

 

Googleアナリティクスの“直帰率”とは?

直帰率というのは、Googleアナリティクスの注釈によると、1ページだけを閲覧した訪問数(ランディングページでサイトを離脱したユーザーの訪問)の割合を指しています。
つまり、ブログへの訪問者が入口となる最初の1ページだけを見て、ブログから離脱してしまった割合のことですね。

直帰率が高いということは、ユーザーが「記事をもっと読みたい」と思うことなく、すぐに帰ってしまったことを示しています。
なので、直帰率の数値は低ければ低いほど良いということになります。

わたしが実践しているPRIDE[プライド]教材には、直帰率の目安として基本的に70%、最終的な目標値として50%を目指すことが挙げられています。

先ほどのレポートで直帰率を比較すると、

  • 新規ユーザー:64.05%
  • リピーター:54.35%

という結果になりました。
どちらも基本の70%を下回っていて、リピーターに至っては目標の50%台をクリア!という好調な滑り出し。

新規ユーザーよりもリピーターのほうが離脱率が低いというのは当たり前かもしれませんが、直帰率が10%も違ってくると、固定ファンを増やすことのメリットがハッキリと分かりますね。

最初のページでブログを離れることなく、いかに他の記事に目を向けてもらえるようにするかが、ブログの評価を上げるポイントになるでしょう。

 

Googleアナリティクスの“ページ/セッション”とは?

ページ/セッションというのは、セッション中に表示された平均ページ数のことです。
Googleアナリティクスの注釈によると、同じページが繰り返し表示された場合も集計されるとのこと。

この数値が高ければ高いほど、ブログ内のページにより多くアクセスされたという目安になります。

PRIDE[プライド]教材では、ページ/セッションの目安として、少なくともユーザー1人当たり1.5ページ
最終的には2ページ以上になるように目標が掲げられています。

わたしのブログのページ/セッションを見てみると、

  • 新規ユーザー:2.49
  • リピーター:2.87

となっています。
こちらも直帰率と同じく、新規ユーザーよりリピーターのほうが良い結果になっていますね。

ページ/セッションの数値が高いということは、それだけ多くのブログ記事が読まれたという指標になるので、
これが次の平均セッション時間につながります。

 

Googleアナリティクスの“平均セッション時間”とは?

平均セッション時間とは、ブログを訪れたユーザーがどのくらいの時間ブログに滞在していたのかを示す、平均滞在時間のことです。

PRIDE[プライド]教材では、平均セッション時間の目安として、基本的に40秒以上、最終的な目標として60秒以上とされています。

この点も、Googleアナリティクスのレポートを見ると、

  • 新規ユーザー:1分46秒
  • リピーター:2分23秒

という結果になっているので、十分すぎるぐらいクリアできています。
ここでもやっぱり新規ユーザーよりリピーターのほうが、ブログに長く滞在してくれているのが分かります。

 

まとめ

ブログに固定ファンがつけばつくほど、直帰率の数値は下がり、ページ/セッション、平均セッション時間の数値は上がっていくでしょう。
まだ3ヶ月目の実践結果なので、これからこれらの数値がどう変化していくのか楽しみです。

 

趣味ブログだけで月21万円達成した軌跡を見てみる

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top