在宅で月21万円以上稼ぐ!愛されブログアフィリエイトの始め方

主婦の在宅ワークにおすすめなブログアフィリエイト。始め方から進め方までを分かりやすくお伝えします!

お名前.comで独自ドメインを取得するときはWhois情報公開代行に注意せよ!

今回は、独自ドメインを取得するときに意外と忘れてしまいがちな「Whois情報公開代行」について、わたしの失敗談から注意すべきことをお伝えします。
うっかり飛ばしてしまうと大変なことになりますよ・・・

今でこそ独自ドメインはムームードメインで取得するようになりましたが、それまでは「ただ単に名前が有名だから」という理由だけでお名前.comで取得していました。

ですが、ちょっと前、ある事件が発生しまして、(というか、正確に言えば事件はすでに発生していたのですが)該当ドメインを泣く泣く放置する(=捨てる)ことになってしまいました。
すべては独自ドメインの取得時にさかのぼるのですが、どういうわけか「Whois情報公開代行」を申し込んでいなかったようで・・・

ちなみにWhois情報というのは、簡単に言えばドメイン登録者の個人情報のこと。
名前や住所、電話番号やメールアドレスなどがそれに当たります。
で、これらのドメイン登録情報は、インターネット上のWhoisで公開することが義務付けられているんですね。

でもそれではドメイン登録者の個人情報が守られないということで、ドメインサービス会社が行うようになったのが「Whois情報公開代行」です。
Whois情報は公開しなければなりませんが、「ドメイン登録者の個人情報ではなくて代わりにドメインサービス会社の情報を公開するように設定しますよ!」というのが「Whois情報公開代行」になります。

お名前.comでももちろん「Whois情報公開代行」ができるのですが、この設定は独自ドメインを取得するそのときに申し込まないと金銭的に結構痛いことになってしまうんです。

どういうことかと言うと、お名前.comで独自ドメインを取得したときに、「Whois情報公開代行」を同時に申し込めば「Whois情報公開代行」にかかる料金が永年無料になるのですが、これをうっかり見落として後から申し込むことになってしまうと年間980円が毎年必要になってくるんです。

1回だけじゃなくて毎年ですよ?
これが独自ドメイン更新時に毎年かかってくると考えるとかなり無駄ですよね。

ここでわたしがちょっと憤ったのは、申し込み時にどうして「Whois情報公開代行」への申し込みがデフォルトで選択されていないのかということ。

そもそも、最初からチェック欄にデフォルトでチェックが入っていたら、こんなうっかりミスもなくなるはずですよね。
でも、それが入っていない・・・
これは完全に「Whois情報公開代行」の手数料狙いだとしか思えないのですが。

今回、わたしがうっかり見落としてしまったもうひとつの理由として、自動ログインツールのLastpassを使用していたことも挙げられます。
⇒無料ログインツールLastpassで自動ログイン&アフィリエイトの作業効率アップ!

Lastpassは面倒なログイン作業をクリックひとつで行ってくれる便利なツール。
ですが、こちらが内容を確認するかしないかのうちに次々と申し込み画面が進んでしまうので、「Whois情報公開代行」の申し込みにチェックを付けることができない状態になってしまっていたんですね。
便利な自動ログインツールも考え様によっては恐ろしい働きをしますね・・・
このあたり、使用される方は注意が必要です。

さて、こんな事件があったことから、取得したばかりの独自ドメインを泣く泣く放置せざるを得なくなったわけですが、このことがきっかけでムームードメインを利用するようになりました。

ムームードメインのほうももちろん「Whois情報公開代行」ができますが、独自ドメインの取得時にこんな感じで最初から「Whois情報公開代行」ができるように選択されています。

これを見た瞬間、「なんと良心的なこと!」と思って感動したのを覚えています。

独自ドメインを取得するときに公開しなければならないWhois情報として、個人情報を出したいと思う人はまずいないんじゃないでしょうか。
誰だって「Whois情報公開代行」を選ぶと思うんですが・・・

お名前.comはそのあたりの設定が良心的じゃないので、「Whois情報公開代行」がもともと設定されているムームードメインのほうが好感が持てます。
「Whois情報公開代行」の件以外はお名前.comに不満はないので、独自ドメイン取得時にはチェックし忘れに十分注意してくださいね。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top