在宅で月21万円以上稼ぐ!愛されブログアフィリエイトの始め方

主婦の在宅ワークにおすすめなブログアフィリエイト。始め方から進め方までを分かりやすくお伝えします!

Amazon(アマゾン)アソシエイトとは?Amazonアソシエイトのメリットとデメリット

楽天アフィリエイトに並ぶ商品数と利用者数を誇るASPと言えば、やっぱりAmazon(アマゾン)アソシエイトでしょうね。

今回は、アフィリエイト参入当初からお世話になっているAmazonアソシエイトについてメリットとデメリットを簡単にまとめてみようと思います。

 

Amazonアソシエイトとは?

Amazonアソシエイトは、誰もが知っているAmazon.co.jp(アマゾン)の商品をアフィリエイトできる独自ASPで、日用品から大型家電まで、ありとあらゆる商品がそろう大型ASPです。

Amazonアソシエイトは取り扱われている商品ジャンルやアフィリエイト手法の傾向が似ていることから、よく楽天アフィリエイトと比較されたりしますよね。
本やCD・DVD、ゲームや家電などは楽天アフィリエイトと全く同じ商品であるにもかかわらず、Amazonアソシエイトのほうが売れやすいのが特徴です。

 

Amazonアソシエイトのメリット

メリット報酬率が楽天アフィリエイトの2倍!

楽天アフィリエイトの報酬率が1%~なのに対して、Amazonアソシエイトの報酬率は2%~だったりするので、成約が多くなればなるほど収益の差が大きくなっていきます。

以下は、商品カテゴリーごとの報酬率になります。

 

メリット知名度の高い商品がお得に紹介できる!

A8.netバリューコマースなどのASPで取り扱われている商品の中には、Amazonアソシエイトで取り扱われているような知名度の高い商品もあります。
でも、そのような知名度の高い商品の報酬率は、A8.netやバリューコマースだと大体1~3%にとどまることが多いんですね。
となると、Amazonアソシエイトの報酬率と比べても大差ないので、ショップ自体の知名度から考えてもAmazonアソシエイトのほうがネットユーザーにとって購入へのハードルが下がると言えます。

 

メリット正規販売店よりも商品価格が安い!

A8.netバリューコマースでは企業やメーカーの公式ページにアフィリエイトリンクがつながっているので、定価で販売されていたり割引されていなかったりするんですよ。
でも、Amazonアソシエイトの商品は当然のように割引されていたりしますよね。
なので、誰もが知っているような知名度の高い有名商品をアフィリエイトする場合は、Amazonアソシエイトを利用するほうが最安値を紹介することができたりするので成約率が上がります。

 

メリットネットユーザーの会員数が多い!

これはどういうことかと言うと、アマゾン通販のネットユーザー会員数が多いので単純に購入までのハードルが下がるということです。
楽天アフィリエイトにも同じことが言えますが、いまやネットユーザーのほとんどがアマゾンアカウントを取得済みで、すでにアマゾンでの購入経験があったりします。
つまり、住所氏名や決済方法などの入力が完了している場合が多いんですね。

一方、A8.netバリューコマースの場合は、訪問者が実際に商品を購入するまで、住所氏名やメールアドレスの登録、決済方法の入力などが必要になってきます。
これが案外面倒だったり不安だったりするんですよね。

Amazonアソシエイトは他のASPと比べると購入完了までの手間が少なく、しかもショップ自体の信頼性も高いというわけです。

 

Amazonアソシエイトのデメリット

デメリット販売ページが簡素で訴求力が低い・・・

Amazonアソシエイトで取り扱われている商品は、そのほとんどが楽天アフィリエイトでも取り扱われています。
ですが、同じ商品でもAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトでは販売ページの作りに大きな違いがあるんです。

ちょっと参考までに、つぎの育毛剤販売ページを比べてみてください。
⇒Amazonアソシエイトでの育毛剤販売ページ
⇒楽天アフィリエイトでの育毛剤販売ページ

同じ商品の販売ページでも圧倒的に楽天アフィリエイトのほうが商品説明が作り込まれていて、訴求力が高いと思いませんか?
楽天アフィリエイトの販売ページでは、たくさんの画像やキャッチコピーが用いられていて訪問者にとって魅力的な商品説明になっていますが、Amazonアソシエイトの販売ページは画像もあまり大きくなく商品説明もほとんどテキスト文字で、ちょっと地味な感じがします。
つまり、Amazonアソシエイトを利用して商品を紹介するときは、簡素で訴求力の低い販売ページを補う商品紹介が必要だということ。

楽天アフィリエイトでは同じ商品でもショップによって商品説明の詳細さが違ってくるので、売れやすそうな販売ページを選ぶことができます。
でも、Amazonアソシエイトでは取り扱われている商品の販売ページがひとつしかないことがほとんどなので、売れやすそうな販売ページを選ぶことができません。

なので、楽天アフィリエイトでも取り扱われている商品をAmazonアソシエイトで紹介したい場合は、簡素で訴求力が低い販売ページを自分なりに補って紹介する必要があります。
でないと、どうしても楽天アフィリエイトの販売ページには勝てないんですよ。
そのためにはある程度の文章力や構成力、販売戦略が必要になってくるので、これがちょっとアフィリエイト初心者さんには厳しいところかと思います。

とは言っても、Amazonアソシエイトでも売れやすい商品というものがあります。
それがこの記事の最初のほうでも挙げた、本やCD・DVD、ゲームや家電などですね。
これらはAmazonが創業当初から主力としていた分野です。
レビュー機能なども楽天市場より優秀なので、本やCD・DVD、ゲームや家電などの成約率はAmazonアソシエイトのほうが楽天アフィリエイトよりも高くなる傾向があります。

 

デメリットクッキーが24時間しかない・・・

楽天アフィリエイトのクッキー有効期間が30日間なのに対して、Amazonアソシエイトでは24時間しかクッキーが作用しません。
「クッキーって何?」という方はこちらをどうぞ。

とは言え、そこまで大きいデメリットではないですし、そんなに気にすることではないですね。

 

まとめ

Amazonアソシエイトは楽天アフィリエイトに匹敵するほどの商品数を誇り、アフィリエイト初心者さんでも報酬が発生しやすいASPです。
販売ページが簡素なため、商品紹介を工夫する必要はありますが、Amazonの得意分野をアフィリエイトすれば高い成約率が見込めます。
アフィリエイト初心者さんは、Amazonが得意とする本やCD・DVD、ゲームや家電などを集中的にアフィリエイトしていくのがおすすめです。

⇒Amazonアソシエイトの詳細を見てみる

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

人気の記事

Return Top